美都住販の注文住宅

こだわりの建物品質

築後10年以降の差

見えないところ、差がつくところ。

見えないところこそしっかりと。
築後10年以降に差がつく取り組みです。

壁内通気工法

見えない壁の中の結露を防ぐ

外壁の中の壁内結露や室内の湿気により発生するカビや木材の腐食を防ぐ画期的な工法です。
外壁の裏側に外気の流れる通気層を設け、湿気を外に放出する方法です。
壁体内結露を防ぐことで建物の耐久性が向上することになります。
外壁下の隙間①から外気を取り入れ、軒裏②や棟③から排出することで、壁体内に侵入した湿気を排出する役割を果たします。

根太レス工法(剛床)

ねじれに強い床

当社の建物全棟、1階・2階の床に採用しています。
この工法は24mm以上の構造用合板を使用し、床をひとつの面として一体化することで、横からの力に対し非常に強い構造となっており、建物のねじれや変形を防ぎます。
地震や台風に抜群の強度を誇りながらも、遮音性にも優れています。

さや管工法

耐久性・メンテナンス性アップ

優れた住宅の条件には、点検・メンテナンスのしやすさも要素となります。排水管のコンクリート埋設部をさや管化し、その中を可とう管を配管することで将来のメンテナンス時にコンクリート躯体を痛めることなく施工ができる理想的な配管法です。この工法は、フラット35優良住宅の技術基準項目の【耐久性・可変性】に適合しています。

シロアリ保証制度

安心の長期保証10年/1,000万円

当社ではコンクリート基礎と土台の間に換気口として、基礎パッキンロング(全周タイプ)を全棟標準で採用しています。
優れた換気性能でシロアリが寄り付かない乾燥した床下を実現します。引渡し後10年以内にシロアリ被害が発生した場合、最高で1,000万円の賠償保証をしてくれる制度です。
2回、更新検査・更新手数料3万円を支払うことで、合計10年の延長が可能ですので、最長20年の保証が受けられます。

外装下地検査

より厳しい検査で雨漏れ根絶

当社では全棟に第三者機関(JIO)の住宅瑕疵責任保険に加入しています。保険加入にはJIOの検査員による検査を受けなくてはなりません。通常は基礎配筋検査・躯体検査の2回に合格すれば保険適用を受けることが出来ます。当社では、さらに「追加外装下地検査」を受けて、完成すると見えなくなる部分の防水施工を厳しく検査していただいています。

ヘッダー配管

水量を安定・漏水防止・メンテナンス性をアップ

従来の枝管工法に比べ、この工法は、ヘッダー部から各水廻りに直接配管が可能で、各所で同時使用した場合も流量変動が少なく快適です。また、配管途中に接続部がないので継手からの漏水の心配がありません。ヘッダーには給水・取出しが集中しているので保守・点検が簡単です。

ゴム化改質
アスファルトルーフィング

屋根は下葺きが大切です

当社の建物屋根全棟に採用しています。ゴム質の為、伸びや曲げに強く、自己接着性(打ち付けた釘の隙間が自然に埋まる)に優れている、このルーフィングを採用することで雨が侵入しづらい構造になっています。

音しらず

気になる生活排水音を飛躍的にカット

防音材一体型配水管です。屋内の生活排水音をこの配管方法にするだけで、約15dB軽減できます。トイレをはじめ、キッチンの「ジャージャー」、お風呂の「ザーザー」、洗面の「ゴボゴボ」などの排水騒音をみ~んなまとめてカットしてくれます。防音材は、はがれにくく、カビに強く、高い防露性があり安心です。

職人さんの定期研修

美都安全協力会による勉強会

職人さん達の育成に力を入れています。定期的に安全協力会を開催し現場の安全・整理整頓・マナーを徹底し「お客様・ご近所の皆様にも気配り・心配りのできる明るい職人さんを目指しています」職人さんの固定化により、安定した高品質な建物づくりに力を注いでいます。

安全パトロール

月に1度の現場ルールチェック

安全協力会で学んだ事が、実際に、現場で達成されているか、守られているかをチェックしています。